<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

うヴぉあ

b0029648_0361885.jpg
「さあて今日こそは冬の保温のための資材を買いに行くかぁ」と出かけた東宝大工センター。
「おや、多肉植物が大量に入荷されているじゃあないかぁ」な東宝大工センター。
「おやおや、僕がずっと欲しがってたパキポディウムが格安で売られてるじゃあないかぁ」な東宝大工センター。
「よおし、おじさん調子に乗ってチランジアのセリアナも買っちゃうぞぉ」な東宝大工センター。
「・・・この子達買ったらお金があと200円しか残ってない、これじゃあ資材何も買えないぞぉ」な東宝大工センター。

・・またこの前と同じパターンじゃねぇか。
東宝大工センターは処分品で妙にいい物が出てたり、この辺りで唯一リトープスを扱ってたり、いろいろと手ごわいです。
左が白馬城(学名は不明)右がゲアイー
ちょっと傷んじゃってるけど、この時期ならまだ回復できるかと。
パキポはかなりの夏型植物で、冬は休眠させないとキツイらしいので、
なるたけ早く回復させなきゃ。
[PR]

by aconitum | 2006-10-31 00:36 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

リンク追加と毒小物

kitty-guyナスビさまの「目指せ!毒草ガーデン」をリンクに追加しました。
最近はトリカブトの花が咲いていて、とても美しいです。
他にも様々な毒草の実生にも挑戦しているので、必見。
・・俺も来年辺り、トリカブト挑戦しようかなぁ、HNがaconitumなのにaconitum栽培したこと無いってのはちょっとね。

今日は小さい株どもの近況。
b0029648_1435461.jpgKNN(Sceletium tortuosum)。
夏にクターとなってた暑がりだが、涼しくなってくるこの時期はよく成長してくれる。
かなり伸びちゃった枝は芯止めして、コンパクトに仕立てるときれいっぽい。
この調子なら花を拝める日も遠くない?

b0029648_1411416.jpgb0029648_1411143.jpg
実生の烏羽玉(Lophophora williamsii)。
右の写真は上の2株が烏羽玉で下のほうの2株はエピテランサ属の月世界。
どちらの写真も同時に蒔いたのだが、左写真の個体だけが好調に成長している。
といっても、左のも半年たってやっと成長したのが分かるくらい、ゆっくりな成長だが。
まあ、こいつらはそんな急いで育てるつもりじゃないから、ゆっくり育ってくれてもいいんだがね。

b0029648_1418438.jpg
一年中水栽培な実生の麻黄(Ephedra sinica)。
水栽培でもどうにかなってしまっているんですが、どうしましょうか・・。
ほっとくとアオコが大量発生して汚らしくなるが、麻黄本人にはあまり問題ないらしく、
水入れの壁面が真緑色になっても特に変わったことは起きないので、
こいつの管理は蒸発する水を足してやることと、時々水入れを洗ってやるくらいでよい。
ところで麻黄は土に植わってるのも水栽培もどちらでも、秋から冬(室内)は調子いいんだが、春から夏はあんまり調子よくない。
どうやったら良くなるかはまだ模索中。

b0029648_14274682.jpg100均で買ったクワズイモが、地下茎でどんどん増えるんです。
面白いけど、増えちゃったものを殺すのも忍びないってことで増え続けるんで、ちょっと困る。
[PR]

by aconitum | 2006-10-29 14:36 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

紅葉クラトン

b0029648_1834206.jpg
一日中屋外に置いてるクラトンが紅葉し始めてしまった。
紅葉は寒さで葉の葉緑体が死んでく現象で、度が過ぎるとそのまま枯死したりするので、
いいかげん対策練らないと危険かも。
今は晴れの日は外に置き、夕方には室内に取り込んでいる。
熱帯産マジ寒がり。
[PR]

by aconitum | 2006-10-28 18:34 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

魅惑・オブツーサ錦

b0029648_19105365.jpg
 着るものを
 買おうと思い
 家を出て
 帰ってみれば
 オブツーサ
(字足らず)

マニアックな多肉はハマり出すとカネがかかって厄介なので、
絶対に買うまいと常々思ってたんだが、この美しさを見てはもはや抗うことなど出来ようか、
4200円お買い上げ。植物一個体に対してこの値段は、自分の中で過去最高額。
ハオルチア属の斑入り物は美しすぎて困る。
[PR]

by aconitum | 2006-10-21 19:10 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

毒草茶

b0029648_22494198.jpgb0029648_22495163.jpg
エニシダ、ダチュラそれぞれを乾燥させて、お茶にしてみた。
乾燥は保存のために凍らせていた生の葉を、電子レンジやオーブントースターで加熱して
水分を飛ばすという方法で行った。
ちゃんと計らなかったのだが、お湯100ml弱に対して乾燥茶葉は1g弱ぐらいだったか?
味はどちらも飲めないことはないが、それほど美味いものでもなかった。
また、正午過ぎごろに飲んだのだが、1時半ごろからめまいや口内の乾燥という症状が出ました。
その時間帯はちょうど中国語の授業だったのですが、口が回らなくて発音が大変でした。
症状はどちらもダチュラを摂取したときの症状に当てはまるので、たぶんそいつの仕業かと。
エニシダが果たして効果があったのかは分かりませんでした。
飲んだ量がかなり少量でも症状が出てたので、面白がって他人に飲ませたりしないようにしてくださいね(犯罪です)。
[PR]

by aconitum | 2006-10-19 22:50 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

Argyreia nervosaの蜜

b0029648_12216.jpgb0029648_123857.jpg
夏ごろからArgyreia nervosa(HBW)の葉の付け根辺りにいつも蟻がいたので、うすうす感づいていたのだが、どうやらここから蜜が出ているようです。
大学の室内に放置してある個体には蟻が来ないので舐めてみましたが、確かに甘いです。
まあ、それだけ。


結局今年はHBWも、Rivea corymbosa(ololiuqui)も花は咲かないようです。
来年は本格的に接木なんかを利用して、咲かせようと思う。

あと最近mixiの日記をここにつなげました。
姓:本 名:沖 ニックネーム:にいと
です。まあ、登録してあるだけで特に何もしてないんだけどさ・・・。
[PR]

by aconitum | 2006-10-16 01:03 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

100万リラしたお土産

b0029648_024399.jpg
夏休みにトルコへ旅行に行ってた友人に、1トルコリラのコインをもらいました。
インフレ激しいトルコでは最近、旧100万リラ=新1リラとしたそうで、
まだ完全に新リラが普及してないらしく、未だに旧リラを使っている
田舎のほうへ持っていけば、写真のコイン一枚で100万リラの価値があるそうです。
以前は煙草関連の罰金で2億リラ払わされたとか、家計簿で億なんて数字が
出るわけがない日本人には面白く聞こえます。

どうせなら新しいのに切り替える前に、「ギネスに挑戦、世界で最も桁の多い紙幣」
みたいなことやってみたら面白いのに・・とか考えて、ふと調べてみた。
>ハンガリーのインフレ
>ハンガリーでは第二次世界大戦後に激しいハイパーインフレーションが発生した。
>このときのインフレでは16年間で貨幣価値が1垓3000京分の1になった。
>1946年に印刷された10垓ペンゲー紙幣(紙幣には10億兆と書かれている)が
>歴史上の最高額面紙幣である(ただい、発行はされていない)。
>このインフレは最悪のインフレーションとしてギネスブックに記録されている

「垓(がい)」が普通ではありえない数字なのは誰が見ても明らかだが、一応比べてみると

・旧トルコリラの最高額紙幣は2000万リラ
・10垓= 1,000,000,000,000,000,000,000
・2000万=20,000,000
だめだ、絶対追いつけないw
ドラゴンボールの戦闘力のインフレも甘っちょろく感じるほどの、
激しいインフレが世の中にはあったという結論。ちゃんちゃん。


新1トルコリラは日本円にして78円ぐらい。
今度トルコの酒を持ってきてくれるそうです。本人曰く「水と混ざると白く濁って怪しい」
[PR]

by aconitum | 2006-10-06 00:24 | その他日記

『マッピー』用ボーダー

Cytisus spp. 

b0029648_16374548.jpgb0029648_1638116.jpg
マメ科エニシダ属
地中海原産の植物で、ヨーロッパに広く分布し、
日本には17世紀後半ごろに、中国を経て入ってきたといわれる。
春ごろに花屋に行けば簡単に入手できる常緑低木の植物で、
春ごろに黄色、または一部赤みを帯びる小さな花を大量につける。
学名の種小名がspp. となっているのは、エニシダには多くの近縁種があり、
複数の情報源で学名と和名が一致していない場合があり、どれが正しい学名であるか
判断できないため、とりあえずspp. とした。

・和名,俗称
金雀枝(エニシダ),bloom 等

・成分と効能
成分はcytisineで、葉を乾燥させて喫煙することで心地良く落ち着いた気分になり、
多量に喫煙した場合、感覚が敏感になり、色彩感覚が鋭くなったりする。
幻覚を起こす作用はない。
効果は2時間から最大5時間程度までで、稀に軽い頭痛を起こす以外の副作用は見られない。

・栽培
丈夫で成長も早く、害虫もつき難いため、簡単に栽培できる。
冬以外は年中屋外の日当たりのよい場所に置いてやるとよい。
多少の雪にも耐えられるようで、屋外に地植えしているお宅もよく見かける。
うちでは鉢植えにしているので、冬は室内に取り込んでいる。種子からの栽培も容易。

・体験レポ
実験中・・

参考:
Christian Ratsch 著 「The encyclopedia of psychoactive plants」
奥井 真司 著「毒草大百科 愛蔵版」
[PR]

by aconitum | 2006-10-01 16:41 | 植物お勉強

『マッピー』用ボーダー