<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

実生のエニシダ

b0029648_17134348.jpg種から育ててるエニシダ(Cytisus spp.)。種自他はよそのお宅の個体が、道路にばら撒いてたのを拾ってきたもの。
やはり昔から日本で栽培される植物だけあって、すごく簡単に育つ。
使い方は花を乾燥させてタバコにするというのがメジャーらしい。
図鑑だと薬効がある部位が花の部分としか書いていないのだが、個人的には葉や茎にも薬効があるのではと考えている。
リラックス効果があるらしいので、簡単に育つ割には結構使えるのではないかと思うのだが。
[PR]

by aconitum | 2006-07-31 17:13 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

Catha edulis

b0029648_21463878.jpgここのところ、少し調子を崩しているカート。
特に、写真左の株なんかはかなり葉が落ちてしまっていて、危なげ。
やたらと乾燥が早い土に問題があるかもしれないので、機を見て植え替えでもしようかな。
[PR]

by aconitum | 2006-07-30 21:45 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

クラトン植え替え

b0029648_2156411.jpg
写真の中央下に生えてるのは雑草
テストやらゴタゴタで書き忘れてたんだが、クラトン(Mitragyna speciosa)を、
室内栽培から、屋外の、直射日光が少し当たるくらいの場所に移した。
同時に、実験的に、3株を少しちゃんとした鉢に植え替え。残りは相変わらず使い捨ての弁当の容器。
この過程で、乾燥した環境に耐えられなくなったと思わしき、2株が逝った。
1株は植え替え組、もう1株は弁当容器から。
また、ここのところの日当たりの悪さで、少し成長が鈍っているっぽい。
ここまで育てて感じたことは、芽生えの割りには、かなり強い光を欲するということと、乾くとすぐだめになる。
乾きに弱いのは、芽生えが小さい(=地下に張る根が浅い)から、当たり前では有るが。
育て方は芽生えのうちは基本的に腰水。
植え替えは茎の長さが1cmを超える前にやると危険という感じ。
現在大体発芽から2ヶ月3週間、一番育っている株(写真左)で茎の長さ約4cm、生存株数9株。
[PR]

by aconitum | 2006-07-29 21:58 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

でかいHBWの葉とダチュラ

b0029648_21282218.jpg
和名がオオバアサガオなだけあって、HBWの葉はとてもでかくなる。
でも株自体の成長が遅いのが問題。というか、未だにツルが出ないのですが・・。
環境の問題なのか、最初から成長の遅い植物なのかは、まだよく分からない。
なんとなく前者な気もするけど。梅雨明けからぐんと伸びてくれることを期待してるよ。

b0029648_2136574.jpgb0029648_21372249.jpgb0029648_21373660.jpgb0029648_21374770.jpg
駅前に置いといたら撤去されてしまった自転車を取り返しに行こうと
散歩してたら、空き地にDaturaが生えてるのを見つけた。
うちで生えてるのと、細かいところがかなり違うことから、
ケチョウセンアサガオではないものと思われる。
ちょっと調べたところでは、Datura metel(アメリカチョウセンアサガオ)っぽいが、
まあDaturaの時点で、なんであろうと大した差はないので、細かい名前の差は気にしない。
ケチョウセンアサガオと比較した特徴としては、丈が結構ある、葉が大きく、はっきりとした縁のギザギザがある、花が小柄(写真のケチョウセンの蕾は未成熟なので、同じような大ききさだが)、萼(がく)の感じが違う等。
種子を採取しようと思うが、以前同じようにワクワク待ってたら、ある日突然工事が始まってしまい、採り損ねたことが有るので、今回は少しだけ枝をいただいてきた。
Daturaは水に差しとくだけで根が出始めるので、枝ざしが簡単でいい。
Datura属は萼がかなり特徴的なのと、葉を触ると手が強烈にナス臭くなるので簡単に見分けることができる。

ところで、一日1枚写真とか言ったが、カメラの充電器が見つからなくなってしまい、見つけ出すまで写真があげられないっぽい。軽く大ピンチ。
[PR]

by aconitum | 2006-07-28 22:03 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

テストおわた。

b0029648_2316366.jpg大学の前期授業が終わり、夏休み入り。
というわけで今日から、できる限り毎日一枚以上写真アップをするという遊びを始めます。
1日目はガムの入れ物三兄弟。左から280円、0円、100円と、安価三兄弟でもある。
かなり大雑把な管理だが、ちゃんと成長してくれているのがいいね。
[PR]

by aconitum | 2006-07-27 23:19 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

開花第一号

b0029648_1926670.jpgb0029648_19261365.jpg
チョウセンアサガオ(Datura innoxia)の今年最初の開花。
残念ながら雨でしおれてしまっているが、やはりやたらとでかい、真っ白な花は美しい。
売り物というだけあって、去年育ててた元雑草のものより、全体的にでかい。
わざわざ海外から送ってもらった種類だから、できるだけたくさん種子をつけてくれると嬉しいのだがね。
[PR]

by aconitum | 2006-07-19 19:27 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

屋外組1

花壇の辺りで育ってる植物たち。
b0029648_0143288.jpgb0029648_0145792.jpgb0029648_015520.jpg
海外から種子買ったら、オマケでついてきたダチュラ(Datura innoxia)。雑草だったのを取ってきた個体と比べると、蕾がガッシリしている感じがする。葉の縁は軽く波打つ。虫は大きな害がない限り、できるだけ殺さない。
b0029648_0201343.jpgb0029648_0202214.jpg
どうにか冬を乗り切ったHBW(Argyreia nervosa)(左2個体。右はオロリウキ)。でも成長が遅い。葉がでかくて面白いけど、未だに蔓も出てこない。写真が少しピンボケ。
b0029648_0233270.jpg対して蔓がどんどん延びるオロリウキ(Rivea corymbosa)。でも蔓の先のほうの葉が全然大きくならない、と言うか、虫に食われてしまって大きくなれないっぽい。うちの花壇は毎年バッタが育ってるから、ある程度の損は見逃さなくてはならない。雑草も必ず全部は抜かない。
HBWは葉の表面に細かい毛が生えているが、オロリウキはテカテカ。
[PR]

by aconitum | 2006-07-16 00:28 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

Peganum harmala?

b0029648_19584335.jpg7/1に書いた、Hyoscyamus nigerが生えてる鉢の左側で発芽してた何か。
本葉が出始めて、やはりこれはヒヨスじゃないと判明。
可能性としては雑草か一応蒔いてたハルマラなのだが、ハルマラの芽生えの写真などないので、まだどちらだか分からない状態。
だれかハルマラの実生やったことあって、分かる方いませんかね?
[PR]

by aconitum | 2006-07-09 19:59 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

室内の実生どもの現状

屋内とか屋外の日陰辺りで育ってる実生株たちの近況。
b0029648_22471549.jpgクラトン。何度か水のやり忘れで表土が乾き、成長の遅かった株がかなりの数逝ったが、生き残った株たちはよく成長している。今のところまともに生育いているのは10株くらい。
b0029648_22473684.jpg一枚目の写真の下段右のグループ。一番成長がいい。葉の大きさも無事1センチを超えた。
b0029648_22512241.jpg上段真中のグループ。ケンカしすぎ。
b0029648_2252412.jpg右のほうのプラコップに蒔かれたグループ。マイペース。他にも単独で生きてる株がちょこちょこいる。

b0029648_2255199.jpgカンナ(Sceletium tortuosum)。植え替えたらとても好調に。肌の微妙な光沢具合が美しい。

b0029648_22583370.jpgカート(Catha edulis)。かなり日当たりのよい場所に置いてみたら、葉が焼けだしたので、日陰の屋外に戻したところ。まあ良好。

b0029648_233769.jpgヒヨス(Hyoscyamus niger)。新参者。発芽後は成長は速い。
左にヒヨス、右に発芽しないっぽいと言われたシリアン・ルー(Peganum harmala)を蒔いたのだが、右から何かが生え出した。
シリアン・ルーなのか、違うの(ヒヨス又は雑草)かはまだ分からない。

HBW(Argyreia nervosa)とオロリウキ(Rivea corymbosa)は屋外で良好に生育。
と同時に室内でも蒔いて発芽させてる。
[PR]

by aconitum | 2006-07-01 23:12 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー