<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

Lophophora williamsii

b0029648_2224439.jpg同じくしばらく載せてなかった烏羽玉(Lophophora williamsii)。
他にもいくつか発芽してはいるが、育て方が分からず、マトモに育っているのはこれ1株。
とはいっても、これもまだグリンピースの豆1粒ぐらいの大きさしかない。
多分こっちも保水が悪すぎるので、カンナ同様植え替えると思う。
まあカンナよりよっぽど乾燥には強いので、別にこのままでも良いっぽいけど。
一説には乾燥気味に育てて引き締まった身を作ったほうが、メスカリン(mescaline)の含有率は高まるらしいが、それでも齢100年以上の株が必要だったりするというから、どちらにしろ俺が生きている間にトリップすることは無いし、関係ないね・・。

ところで、よく、烏羽玉が毒をもっているから病気にならなかったり、虫がつかなかったりすると書いているのを見かけるが、メスカリンて菌類や昆虫に対しては毒性はあるのか・・?
[PR]

by aconitum | 2006-05-15 22:24 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

Catha edulisとSceletium tortuosum

クラトン(Mitragyna speciosa)のことばかり書いていたが、
なじみのモノどももしっかりと生きている。
b0029648_22352470.jpgカンナ(Sceletium tortuosum)、小さいほうの芽が少し育った。ちょっと用土の乾きが良すぎるので、近いうちに植え替える。乾いた葉脈が美しい。

b0029648_2243459.jpgカート(Catha edulis)、冬の間も室内で、少しずつ成長していた。
大きい葉が作られるようになってきた。

どちらも冬場は夜間温度5度以上を保てば、十分持つ。
[PR]

by aconitum | 2006-05-14 22:45 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

クラトン写真

b0029648_20395096.jpg普通にやっては被写体が小さすぎるので、虫眼鏡で拡大しつつ撮ってみた写真。
見れば分かるが、キッチンペーパー上では案外発芽率は高い。
土に蒔いた場合でも、種子が土に埋もれてしまわないように気をつければ、十分発芽する。
発芽は種子に水を与え始めて2週間目ぐらいから始まる。
今のところ土で発芽したものと、ペーパー上で発芽したものをあわせて、15個体ほど。
[PR]

by aconitum | 2006-05-09 20:40 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

クラトン発芽

4月7日にプラコップに蒔いたものと、
4月16日にキッチンペーパー上に蒔いたものが遂に発芽し始めた。
種子自体の細かさからも予想できるのだが、芽も驚くほどに小さく、
子葉(クラトンは双子葉植物)1枚の大きさが1mmに満たない。
こんなの自然の中で発芽したら、雨かぶって一発で土に埋もれるっぽいのだが、
雨を直接かぶらないような場所で芽を出すのだろうか?
もしそうであれば、木陰などで発芽するわけだから、芽にはあまり強烈な光は当てないほうが良いのだろう。
写真は芽の小ささがカメラのスペックを上回ったのでとても無理です。
代わりにオロリウキの写真をアップ。
b0029648_220521.jpgb0029648_2211134.jpg
[PR]

by aconitum | 2006-05-01 22:01 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー