<   2005年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

種子写真

Bouncing Bear Botanicalsから。
送金は現金で7月19日に発送、8月3日に品物到着。大体半月程度。
額は全部で63ドル。友人との共同購入。
質はGriffoniaの種子に関しては、割れてたりしてあまり良い感じではない。
Brugmansiaの種子も少し乾きすぎている感じがする。
他のものに関しては特に気になる点は無い。
7ドル余計に送金したところ注文外のDatura innoxiaとBrugmansiaの種子が入っていた。
日本の園芸店で買えるBrugmansiaは実をつけないので、
既に持っている種類ではあるがこれはこれで満足できる。
Griffoniaの種子14グラムは10数粒程度。
Voacangaの1パックは見た目100粒以上ある。
メールでの問い合わせによるとMucunaとGriffoniaの種子は採取後一年以上たっているとのこと。HBWは数ヶ月、Voacangaは数週間前。
それぞれが含むとされる主な成分。
 BrugmansiaおよびDatura-アトロピン、スコポラミン
 Griffonia-5-HTP(5-ヒドロキシルトリプトファン)
 HBW-リゼルグ酸アミド
 Mucuna-DMT、5-MeO-DMT、ブフォテニン等
 Voacanga-イボガイン
メモ:
 Voacangaはキョウチクトウ科
 Mucunaはマメ科
 HBWの学名はArgyreia nervosa

左から、一式、Brugmansia、Datura、Griffonia、HBW、Mucuna、Voacangaの順
b0029648_2147137.jpgb0029648_21503151.jpgb0029648_2157311.jpgb0029648_21575545.jpgb0029648_21583474.jpgb0029648_215937.jpgb0029648_2159442.jpg
[PR]

by aconitum | 2005-08-03 21:51 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー