カテゴリ:栽培日記( 173 )

『マッピー』用ボーダー

イオナンタの種子

b0029648_15411028.jpg
2006年の11月頃に咲いてたイオナンタの一株に、実のようなものができていたんです。
最近になってやっとそれが成熟してきたみたいなので、中身を見てみることにしました。
b0029648_1550426.jpgb0029648_15505933.jpg
輪切りにしてみると、中にはやはり種子が入ってました。
全部で50くらいの種子が入っていて、
風に飛ばされるための綿毛がきれいに整列した状態で入ってます。
チランジアの種子は寿命が短いらしいので、とってすぐ蒔くことにしました。
b0029648_15551993.jpg
半分くらいの種子をランを植えているミズゴケや他のチランジアにくっつけたりし、
残りの半分くらいを写真のように蒔いて見ました。
素焼き鉢の中に底穴を塞いだ一回り小さい素焼き鉢を置き、ミズゴケで隙間を埋めてます。
種子は隙間のミズゴケに蒔き、中の鉢に水を溜めておくようにすれば、
ミズゴケが乾きすぎるのを抑えることができるのではないか、という考えです。
少し前にやってた、浸み壷の応用ですな。
これなら植物を何日もほっとくような自分でも、うっかりカラカラにしてしまわないのでは。
[PR]

by aconitum | 2008-10-04 16:32 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

マンドラゴラ覚醒

b0029648_14261428.jpg
初春頃から休眠に入ってたマンドラゴラが復帰してきました。
よかったよかった。
暑い時期はできるだけ風通しのよい日陰に置いたほうが良いと思います。
うちでは他の植物の陰になるような場所に置いて、
水は土が乾いてしばらくしてから与えてました。
まだ休眠に入った春ごろに比べるとかなり暑い気がするのですが、
このまま次の春まで起きっぱなしなんですかね?
怖いのでもうしばらくは日陰暮らしさせますね。
[PR]

by aconitum | 2008-09-25 14:35 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

Mitragyna speciosaとCatha edulisの収穫

b0029648_174788.jpg
クラトンは前にも書いたとおり、茎の上のほうだけにしか葉が無い状態を改善するために、
ためしに2株中の1株について茎の途中でばっさり切り落としてしまったので、
切りとった枝についてきた葉を収穫できました。
また切り取った茎の部分は適当な長さに切り分けて、土に挿しておきました。
運よく根付いてくれればうれしいのですが。
カートは枝の先端から1,2枚ずつ葉を取りました。

収穫した葉は水分を含んでいると悪くなってしまうので、
収穫後すぐに乾燥させます。
ガスコンロであればフライパンにティッシュペーパーを一枚敷いて、
その上で熱するとあまり焦がさずに乾燥させることができます。
葉の付け根の葉脈が乾くのに最も時間がかかるので、
この部分がしっかり乾いたら、袋に入れて冷凍保存します。
欲しい成分が熱で変性することが無いかどうかは調べていないので、
この操作によって効能が失われてしまっている可能性は無きにしも非ず。

明日からちょっと遠くにお出かけするので、1週間以上更新しません。
まあ普段から1週間くらい平気で放置してますけど。
明日ロシア航空の飛行機が落ちて日本人が2人以上死んでたら、それ多分俺ら。
[PR]

by aconitum | 2008-09-08 17:04 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

チランジア+ミズゴケ

b0029648_15371313.jpg
名前の分からない緑葉種なのですが、
普通に吊っておくとあまり調子よくないので根元にミズゴケを詰めてみました。
吉と出るか、凶と出るか。
[PR]

by aconitum | 2008-08-24 15:39 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

Sceletium tortuosumの病気

b0029648_2583245.jpg
挿し木で殖やしたKNNが何か発症しました。
葉が暗緑色に変色してグジュグジュした感じになった後に、乾燥して枯れます。
最初に症状が出る箇所は特に決まっておらず、茎の途中辺りから発症し始めて、
周りに広がっていきます。

発芽して最初の年の夏にも同じ症状が出ましたが、
グジュグジュになった箇所をすべて切り捨てたら回復しましたので、
今回も同じように処理することにしました。

土に臭いがあった(何か微生物が繁殖している)ので、
そいつが原因であるとすれば、暑い時期に水をやりすぎると発生しやすくなるかも知れません。
そういえば最近面倒くさくて土がちゃんと乾いていないのに水やったりしてましたし。

近縁のマツバボタンの病気を調べてみたら、
立ち枯れ病の記述が比較的似ているような気がするので、
どこかで質問してみますかね。
[PR]

by aconitum | 2008-08-17 03:14 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

Mitragyna speciosa

b0029648_16282499.jpg
死にかけから復活してきたクラトン。
虫に食われもしたが、元気な葉を出してくれている。
しかしやはり頂点でのみ茂りすぎ。
このままじゃまた今年の冬に置き場がなくなってしまうので、
コイツも機を見て枝を切り詰める必要がありそう。
[PR]

by aconitum | 2008-08-13 16:32 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

Catha edulis

b0029648_1917522.jpgb0029648_19172555.jpgb0029648_19174067.jpg
今年もカートはまあまあ調子よい。
今年は前まで良く伸びていた先端の枝よりも、
根元付近から新たに出てきた枝の成長が良い傾向が見られる。
枝が長くてちょっと邪魔なので、秋になったら刈り込んでしまおうかと考えている。
b0029648_19473226.jpg
少し前に蒔いた株は植え替えを忘れていたので、まだかなり小さい。
何かに食害にあった様子があるが、あんまり食べられてない上、
根元にコガネムシ科の虫の死骸が転がっているので、
とりあえずかじっては見たがやっぱり食べれず中毒死みたいなことに?
[PR]

by aconitum | 2008-08-10 19:37 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

チランジアの花

b0029648_15243260.jpgb0029648_15245454.jpg
カピタータ・ピーチが咲き出しました。
イオナンタもそうだが、開花時に紅葉する種類はなかなか見ごたえがあります。

b0029648_15253149.jpg
あとジュンセアも咲きました。一個目の花がしおれる前に撮れなかったのが残念。
[PR]

by aconitum | 2008-08-02 15:26 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

チランジアの花茎

b0029648_170767.jpgb0029648_1702614.jpgb0029648_1703917.jpg

左から種不明株、ジュンセア、カピタータ・ピーチの花芽。

今年はなぜかチランジアがよく花を付けます。
栽培している植物が咲いたら普通は喜ぶべきなのでしょうけれど、チランジアは花よりもむしろ咲いていないときの姿を面白がる種類などが多いので、調子よく大きくなってきたのに花が咲いてしまって残念、などということもあります。
今回花芽が出てきたカピタータも自分としてはもっと大きくなってくれることを期待していたので、この状況に少し困惑しています。
また花を咲かせるために体力を消耗するので、開花後は調子が悪くなることもありまして、
下手に咲いて成長が悪くなるくらいならむしろ咲かないほうがいいということも有ります。
以前咲いたコルビー(と思われた株)がそれ以降話題に上がらないのも、実は開花後に枯れてしまったためだったりして、自分がチランジアの開花をあまり好まないのはそのためかもしれません。
まあよほど小さい株じゃなければ目に見えてやつれることは無いようですが。
[PR]

by aconitum | 2008-07-19 17:02 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

今年もタシロラン

b0029648_17173991.jpg

去年も見かけたタシロランですが、今年も花が出てきました。
でも相変わらずほとんどの人が気づかないし、囲いなどもしていない。
[PR]

by aconitum | 2008-07-06 17:17 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー