カテゴリ:栽培日記( 173 )

『マッピー』用ボーダー

Catha edulis

だいぶ暖かくなってきましたので、室内にいた植物ももう全て外に出してやることにしました。
b0029648_247277.jpgb0029648_2474225.jpg
b0029648_2474951.jpgb0029648_2475738.jpg
カートは全部同じ室内、同じ窓際で越冬させていたのに、
外に出してみたらばこんなにも傷み方に差が出ていました。
一番傷んだ株はもうこれ枝切っちゃうしかないね。
去年だか新しくまいた1株は案外調子よさそうでよかった。
でも正直4株も必要ない気もしてきました。
[PR]

by aconitum | 2009-04-19 02:48 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

イオナンタ・アルビノがまた開花

新年度明けましておめでとうございます。
b0029648_21541471.jpg
去年咲いてしまったイオナンタ・アルビノなのですが、なんと今年も咲いてしまいました。
こんなサイズで咲いてしまって、枯れないか心配です。
家にいるチランジアの中では一応高価なほうなので、あんまり無理はしないで欲しいんだけどね。
[PR]

by aconitum | 2009-04-06 21:37 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

ヒスイカズラ

b0029648_1914356.jpgb0029648_1943964.jpg
春分の日の今日、ちょうど晴れてくれたので神代植物公園に行って来ました。
まだ春というにはに少し早いので、花の咲いている植物は多くありませんが、
温室のヒスイカズラはこの時期が見ごろです。
青緑色の花が魅力的です。
[PR]

by aconitum | 2009-03-20 19:18 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

大学に咲いてる花

b0029648_20101849.jpgb0029648_20121593.jpg
キャンパス内でも大分様々な花が見られるようになって来ました。
室内で窮屈にしてた植物達も、そろそろ外に出してあげられますかね。
[PR]

by aconitum | 2009-03-17 20:13 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

実生の烏羽玉と誰か

b0029648_413373.jpg
最近は烏羽玉にも頻繁に水をやるようにしているので、渇き気味にしてた頃よりも成長が速く感じます。
サボテンは水をやらなくても大丈夫だからとほっときがちですが、小さいうちはあまり乾かすと根が育たないので、案外手間がかかります。
でも接木して促成栽培とかそういうのは、やりたいやりたい言いながらきっといつまで経ってもやらないのでしょうから、気長に見守っていくしかないのでしょう。

ところで烏羽玉の右のサボテンは一体誰だったか。
[PR]

by aconitum | 2009-02-28 04:13 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

ピリフェラ錦の凹凸

やっとテスト終わったよ。そして相変わらず成績は確実に良くない。
b0029648_233643.jpg
寒さに強いという話を聞いて冬も屋外でがんばってもらっていたピリフェラ錦ですが、
そのせいとは断定できませんが、葉にへこんだ部分ができてしまいました。
むっちりした葉だとすばらしくきれいなのに残念です。

あと最近思うのが、ハオルチアは大きくしすぎないほうがキレイですね。
ピリフェラは子が育つせいでバランスが悪くなるし、
普通のオブツーサもご飯てんこ盛りみたいなことになってしまっています。
もう少し暖かくなったら、分解して小さく仕立て直してみましょうか。
[PR]

by aconitum | 2009-02-18 02:33 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

ウメ

b0029648_230393.jpgサクラの次にウメ。
本来なら逆の順。
[PR]

by aconitum | 2009-02-08 23:01 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

初桜?

b0029648_1392094.jpgキャンパスの中庭にて、一輪だけまともに開いている桜がありました。
せっかちですね。
[PR]

by aconitum | 2009-02-04 13:08 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

ロウバイ

b0029648_0415868.jpg
今日は良く晴れたので、大学のロウバイでも撮ってみました。
確かにロウ細工のようだ。
[PR]

by aconitum | 2009-02-03 00:44 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

フラクタル

b0029648_2242542.jpgb0029648_2253756.jpgb0029648_2254790.jpg
b0029648_2262720.jpgb0029648_2265272.jpgb0029648_228260.jpg

少し暗くなり始めた時間帯、樹木の枝を撮ってみたらば、案外面白い感じになりました。
樹木の枝の伸び方がフラクタルであるとはよく言われますが、
こうして実際にまじまじと見てみると、一見ただ乱雑に広がっているようで、
とてもよくできた規則性をはらんでいることが感じ取れます。
このような性質は様々な芸術にもみられ、
絵画などでも規則的な面(描き方、配色など)と、
その規則から外れる面が見られます。
逆にあまりに単純な規則のみの図形(例えばただの円)は絵画として面白みが無いし、
規則性の一切感じられない図形(例えば2歳児の書くなんだか分からないもの)には
調和がありません。
そういう意味では樹木の形というものは芸術性の見本として優れているといえるかもしれません。
というよりむしろこのように、自然のなかにたくさんの規則性とランダムな要素が隠されており、
人間がそれを無意識に感じているからこそ、
芸術には調和とそこから外れる面白さが求められるのでしょう。


しかしテスト前なのにこんな哲学的なこと考えてていいのか、俺。
[PR]

by aconitum | 2009-01-28 22:08 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー