素焼き鉢に着生

b0029648_232462.jpg素焼き鉢の底穴をロウで塞ぎ、鉢の中に水を溜めて、鉢の外側からしみ出る水分で着生植物を育てるという方法を思いついてみました。
まあ思いついたといってもテレビで似たようなやり方を聞いたので、素焼き鉢を利用しただけなのですがね。
調べてみるとこういう風なのを浸み壷というらしいです。
小さい割に水もちが良いので、手間がかからないかも。
見た目もカッコイイし。
[PR]

by aconitum | 2008-04-13 23:22 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

<< かわいいアブ 好調マンドラゴラと失敗クラトン >>