カートとサボテン

急に夏が終わって涼しくなったかと思いきや、また急に残暑が帰ってきてグッタリな今日この頃、
でも暑いトコで育つ植物達にはこれくらいのほうが良いのでしょうか・・。
でもでも暑くないところで育つ植物達は俺同様グッタリしてそうだな。
b0029648_23475224.jpgb0029648_23485284.jpg

2回目の夏を迎えたカートは、何気に調子良かったです。
夏に入る前に一株一株別の鉢に植え替えておいたのが良かったのかもしれません。
春にはまだ枝分かれとか無くて、1本の枝がびろーんと徒長気味に伸びていたのですが、
夏が終わってみればいくつか枝分かれができてて、少しだけ木らしくなってきた感じ。
相変わらず根元が細いヒョロ長体型は変わらないが、それでも少しずつ太くはなってきているので今後に期待したい。
サボテンのほうはここで買った三角牡丹という奴。
三角牡丹はじめアリオカルプス属のサボテンも一応メスカリンだかを含んでいるはずなのだが、成長が非常に遅いためかマイナーな印象が強かったり。
根っこが弱いとかいう話も見られるので、育てにくいのもあるかも。
強い光に当てすぎて大分赤くなっているが、ひと夏超えて最初のイボが出始めました。
これの他にも接木の台として有名な袖ヶ浦や、アストロフィツム属の兜というサボテンなどなども育っています。
[PR]

by aconitum | 2007-09-17 00:25 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

<< 今年の輸入実生 夏の成長具合 >>