酷い発芽率の差

b0029648_2285643.jpgb0029648_2304459.jpg
毒シリーズの発芽状況がかなり良くありません。
今のところ上手く育ってるのはカートとT.tershekiiだけで、以前出てたマンドラゴラは非常に残念なことに途中で枯れ落ちました・・。
あとCebiはカビに喰われて終わりました。(泣
一応いくつかの種子は蒔かずに保管してあるので、条件を変えてやってみる予定。
ところでT.tershekiiの区画に何か違う植物の双葉が出てるんですが、もしかしたらホコリのように細かいシニクイチの種子がまぎれてたのかも分からん。

b0029648_2314366.jpgb0029648_2315674.jpg
対照的に、日本産サボテン種子の発芽が良いこと。
確かに種類の間で発芽の良し悪しはあるが、1本も出てない種類はないです。
左の写真が赤花スーパー兜、右が袖ヶ浦。
袖は接木の台木用の交配種だけあって、非常によろしい。
[PR]

by aconitum | 2007-06-03 02:32 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

<< フックシーの花 規制ケシ発見の予感。 >>