規制ケシ発見の予感。

b0029648_20405828.jpgb0029648_20422124.jpg
b0029648_20425069.jpgb0029648_20431989.jpg
日曜日、なんか面白い植物でも生えてないかと川辺を散歩していたときのこと。
「大量のイネ科の合間合間にヒナゲシとか、きれいな色のけしが生えてて面白いな~」
みたいな事思いながらふらふらしていたらば、こいつを発見してしまった。
どうにも見かけない形態というか、むしろ花の色が写真で時々見るアツミゲシ(Papaver setigerum)に似てないか?ということで、とりあえずカメラも持っていなかったしその日はおとなしく帰り、今日さっそく撮ってきて色々調べてみた。
比較してみた感じとしては、花弁の色はかなりアツミゲシそっくりだが、以下の点がむしろケシ(Papaver somniferum)っぽい。
1,茎に全く毛が見られない。アツミゲシはまばらに生えるらしい。
2,実の頭の部分に見られる放射状のラインの本数が13本前後ある。アツミゲシは10本弱。
3,実が幅広で縦に短い形をしている。アツミゲシは縦長。

まあどっちだったとしても生えてちゃいけないものなので、保健所の人に抜いてもらわなきゃならないのですが。
しかし今日は風が強くあまり写真が撮れなかったので、通報はもうちょっと満足行く花の写真が撮れてからにしたいかな・・。

なお法律の文章によると、こいつらが生えてるのを発見したとしても、通報しなきゃいけない義務はないらしい。

・・・ぁぁ、でもまだフツーに生えてていいケシという可能性も否定できないね、専門の人とかに見せてないし。
[PR]

by aconitum | 2007-05-23 20:45 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

<< 酷い発芽率の差 チランジア花ラッシュ >>