マオウ越冬。

b0029648_3333913.jpgb0029648_334033.jpg
屋内で越冬させてたほう(写真左)は前にもう目覚めてると書いたが、屋外のほう(写真右)もだいぶ成長してきました。
ただ屋内のほうが目覚めるのが早い分長い茎を展開しているのですが、見てると屋外のほうが日当たりがいいからか、出てきてる枝が太い気がするのよね。
このあと気温が上がってまた休眠っぽくなり始めると細い茎は真っ先に枯れてしまうため、今の時期には長い枝よりも太い枝が出ているほうがよかったりします。
もしかしたら変に屋内で暖めて越冬させるより、屋外で耐えさせるほうが正解なのかもしれません。
自生地の環境も冬はかなり寒いらしいですし・・。

とりあえず現時点ではその他の要因(屋外の株のほうがもともと根元が太く、育ちがよいこと等)が絡んできているとも考えられるため、もうちょっとちゃんと観察してやる必要がありそう。
[PR]

by aconitum | 2007-03-18 03:35 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

<< ピリフェラ白斑の相手 越冬したクラトン >>