胡蝶蘭

b0029648_1938993.jpgb0029648_19514197.jpg
サボテン実生。手前側が調子良さ気な2株。丸いのが烏羽玉で、細かい刺が生えてるのがエピテランサ属の月世界という種類。奥はそれらの未だに調子の悪い株たち。
元はといえばまだ園芸初めて間もない頃に蒔いて、あまり強い日光に当ててはいけないということを知らずに直射に晒したために一気に調子を崩してしまい、わずかな連中だけが生き残ったのでした。
更にその中の2株が現在までに調子を取り戻し、こうして成長しているという状態。
奥の連中も将来的には手前のように成長を始めてくれるとうれしいんだがな。
サボテンの実生には少しコツがいるようです。
2枚目写真のとおり、烏羽玉は地上での見かけ以上に地下のほうで育ってます。
この植え替えでまた調子崩した、とかなったらやだな。

b0029648_1954257.jpg
世界ラン展のためにカメラのメモリを増強しようと新宿に出たついでにデパート屋上の花屋に行ったらば、
もう花が終わりごろのコイツが1000円で売られてたので、ついつい購入していたりした。
というわけでコイツは2月26日に買ってきた小さいランと1日差で、自分にとっての初めてのラン。
買ってきた時点でビニールポットがパッツンパッツンになるほど凄い根の張り具合だったので、とりあえず植え替え。
しかし調べてみるとコチョウランの植え替えは夏がよいと書いてあるし、今回の植え替えは手元にあった小さい鉢にぶち込んだような状態なので、この鉢は仮住まいとして、夏ごろにもうちょっとちゃんとした鉢に再び植え替えてやろうかと思っている。
といってもミズゴケに植物を植えるのは初めての経験なので、どこかの園芸店にでも行ってよい植え方などを聞いてくる必要がありそう。
今現在の植え方は見たとおり、凄く汚らしく、株も全然入りきってない。
・・コレで夏まで持たなかったらどうしようかな。
[PR]

by aconitum | 2007-03-05 19:53 | 栽培日記

『マッピー』用ボーダー

<< 新宿 植え替え >>