100万リラしたお土産

b0029648_024399.jpg
夏休みにトルコへ旅行に行ってた友人に、1トルコリラのコインをもらいました。
インフレ激しいトルコでは最近、旧100万リラ=新1リラとしたそうで、
まだ完全に新リラが普及してないらしく、未だに旧リラを使っている
田舎のほうへ持っていけば、写真のコイン一枚で100万リラの価値があるそうです。
以前は煙草関連の罰金で2億リラ払わされたとか、家計簿で億なんて数字が
出るわけがない日本人には面白く聞こえます。

どうせなら新しいのに切り替える前に、「ギネスに挑戦、世界で最も桁の多い紙幣」
みたいなことやってみたら面白いのに・・とか考えて、ふと調べてみた。
>ハンガリーのインフレ
>ハンガリーでは第二次世界大戦後に激しいハイパーインフレーションが発生した。
>このときのインフレでは16年間で貨幣価値が1垓3000京分の1になった。
>1946年に印刷された10垓ペンゲー紙幣(紙幣には10億兆と書かれている)が
>歴史上の最高額面紙幣である(ただい、発行はされていない)。
>このインフレは最悪のインフレーションとしてギネスブックに記録されている

「垓(がい)」が普通ではありえない数字なのは誰が見ても明らかだが、一応比べてみると

・旧トルコリラの最高額紙幣は2000万リラ
・10垓= 1,000,000,000,000,000,000,000
・2000万=20,000,000
だめだ、絶対追いつけないw
ドラゴンボールの戦闘力のインフレも甘っちょろく感じるほどの、
激しいインフレが世の中にはあったという結論。ちゃんちゃん。


新1トルコリラは日本円にして78円ぐらい。
今度トルコの酒を持ってきてくれるそうです。本人曰く「水と混ざると白く濁って怪しい」
[PR]

by aconitum | 2006-10-06 00:24 | その他日記

『マッピー』用ボーダー

<< Argyreia nervosaの蜜 Cytisus spp.  >>